12/14 生活クラブ千葉 柏ブロックおしゃべりキッチン

今回は、7月の庄内交流会のご縁で、生活クラブ千葉 柏ブロックの皆さんからお声がけいただきまして、おしゃべりキッチンに参加させていただきました。

テーマは『昔ながらの「ごはんのお供とお茶の話」』ということで、3生産者がそれぞれ扱っている消費材を通して、ご飯とお茶の食生活が魅力的に感じられるようにお話をしました。

ご一緒したのは、発芽玄米ハトムギ茶の生産者高千穂漢方研究所さん、および明太子の生産者泰山食品さんでした。

12月になり、多くのお取り引き様をお待たせしてしまいましたが、11月後半ギリギリまで赤かぶや青菜(せいさい)の収穫を行うことができ、ようやく加工に専念できるようになりました。お持ちしたご試食も、今回は通常の丸漬けの赤かぶ。ホッとしました。

ただ、残念ながら赤かぶは例年の5分の3程度の収穫量。ですので、取り組み時期の終了は、早くなると思います。

さて、会場の柏センターでは、組合員のみなさんと一緒に試食の準備をさせていただきました。やっぱり準備が楽しい!
赤かぶのボルシチ風を作るために、人参と玉ねぎを先に炒めて水分をよく飛ばしますが、やや急いでしまったようで、人参が固め、、、でも、試食のときにはちょうど良い硬さになっていました。丁寧に調理してくださったみなさん、心から感謝を申し上げます。

【発芽玄米はとむぎ茶の高千穂漢方研究所さん】

お話は、長友さん。
発芽玄米はと麦茶、飲みやすいのにデトックスの効果が高いのは身を以て知っていましたが、お話を聞いて納得でした。

はと麦と大麦、比べて見せていただいて初めて、両者が全然違う種類の麦であることを知りました。ハトムギは栽培もおそらく収穫も大変で、値段がまったく違うようです。そしてアクの種類も!

写真の液体ですが、これは一晩ハトムギを浸しておいた後の、アクを含んだ水。
なんとも強烈な匂いが!悪臭です。私の記憶と合致するのは、じゃがいもが腐った時の匂い。じゃがいも選別の時に、間違って腐ったじゃがいもを拾ってしまい、その匂いが、ずっと手に残っているのを思い出しました(笑)

原料も国産にこだわって、選別・アク抜き・発芽を丁寧に行った後に、職人さんの手で焙煎。しかも品質の安定のために、検査を頻繁に行って数値や目視でも管理をなさっているということでした。特に粉砕時には、微粉末がクリアな味わいを害するので、細かな粉は吸い取っているというこだわりよう。
煮出した時も、パックを放置してしまった時も、嫌な苦味が出たり、舌にざらつきが残る感覚がない理由はここにあるようです。

【明太子の泰山食品さん】

明太子のお話を中心にして、材料の違いや製造方法の違い、価格の考え方を、わかりやすく話してくださいました。
静かに聞き入っていましたが、たらの卵の話だけでも正直驚きです。正確には、衝撃です、、、
普通に美味しそうと思って食べている明太子も、実は恐ろしいものが使われていたりします。美味しそうに見せる、コストをかけずに賞味期限を伸ばす等、すなわち魔法の粉の効果を聞くと、なんとも言えない気分になります。

もちろん、漬物の業界でも同じです。
賞味期限を伸ばすには、酸化防止剤や防腐剤。色よく見せるには発色剤。素材の悪さを誤魔化すためにはアミノ酸等。手軽さと安さを求める消費者、利用者の健康よりも利益追求に走る企業。簡単には超えられない壁のようなものを感じます。

ホットケーキも本当に上手に焼いてくださってありがとうございました。

また気になる生産者を交流会に呼んで、話を聞いてみてくださいね。どんな立場の方も、聞いてよかったという内容が入っていると確信しています。

主催してくださった柏ブロックの皆さん、そして足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
前日まで下準備に奔走してくださった前田さんにも、心より感謝を申し上げます。

忌憚のないご意見を、お寄せいただけたらと思います。(文責:いずもじ)


11/4 あいコープみやぎさんのWa!わぁ祭りに参加

着々と準備が進む会場。会場入り口には、すでに数十名の列ができていました。

仙台卸商センターサンフェスタを会場に開催されているWa!わぁ祭り。
今年も大変盛況でした!#赤かぶ漬#民田なすのからし漬 をご希望で足を運んでくださった皆さん、売り物が少なくてごめんなさい!
カタログでのご注文をよろしくお願いいたします☆〜(ゝ。∂)

月山パイロットファームで提供した試食は、あいコープみやぎさんで通常取り組んでいる豚ひき肉とはりはり大根漬のコラボレーション。
品質のよいひき肉でしたので、もちろんつなぎ不要で上手にまとまります!
試食は、おいたらすぐになくなってしまうほどに大好評でした。

そして、ネギやからとり芋など、野菜類も少しお持ちしました。

からとりいもって何?という方も多かったのですが、こちらはズイキとも呼ばれていて、その特有の舌触りと上品な甘み・粘りが特徴の里芋の一種です。
こちらご参考に。

茎の部分も味わい深くて、汁物などでもすべて食べていただけます。どろどろしやすいですが、その部分を取ってしまえば大丈夫。

ぬめりはなく、しっとりとする濃厚な舌触り、煮崩れない性質から、庄内地方のお節には欠かせないものとなっています。芋煮汁も、からとりいもが入ればランクアップ!

組合員の方からお手伝いいただいて、おかげさまで試食提供もつつがなく行うことができました。ありがとうございました!

調理しながらお話ができるのも、また醍醐味の一つですね。お子さんたちも自由に出入りできる安心感も、なんというか東北仙台の良さを感じました。

NPO法人とうほく食育実践協会のみなさんも出店

5月9日の山形市での交流会に足を運んでくださった、NPO法人とうほく食育実践協さんのブースも発見!
だんだん参加費が上がっちゃってー!ともおっしゃっていましたが、材料にこだわれば当然のこと。

宮城県各地の農家やエルパーク仙台を主な活動の場として、精力的に活動されていらっしゃいます。

大人になっても、味覚は変わるもの。
ですが、子どもたちの味覚はまだまだ発達段階で、可塑性に富んでおり、繊細な味わいを覚えてもらうには最高の時期です。

食べることは生きることの基本の基本。
できることなら、作り手の思いがストレートに伝わる食材、たとえば炊いたばかりのご飯の甘みや香りを喜びを持って味わえる人に育ってほしいと、私も思っています。自分の中に基準ができていれば、その後に不摂生しすぎて健康を害したり、思うように踏ん張りが聞かない身体になることを防げるかもしれません。
可能性を最大限に伸ばしてあげることが、私たち大人の責務ではないでしょうか。

大きなイベントです。ご準備なさった事務局のみなさま、そしてお手伝いをしてくださった組合員のみなさま、本当にありがとうございました。

また来年も元気にお会いしましょう!(文責:いずもじ)

10/31 Radixの会のセミナーに参加して

2018年に、正式にオイシックス・ラ・大地株式会社として再スタートを切ったらでぃっしゅぼーやさん。

少量ながら20年以上のお付き合いをいただいているらでぃっしゅぼーやさんです。
月山パイロットファームとしても関心が高く、今回もらでぃっしゅぼーやさんの生産者が集う会に参加させていただきました。

基調講演はエシカル消費とSDGs

今回は基調講演として、末吉里花さんによる「SDGsでエシカルな消費者と繋がろう!これからの事業に必要なこと」と題するお話を拝聴しました。
エシカルは、まだ聞きなれない言葉ですが、これから学校の教育現場にも入っていくことが決まっているそうです。
地球環境の限界が見えてきている現在において、将来を担う子どもたちには消費のあり方を根本から考え直して欲しい、一人一人が関心を持って、社会問題と切り離さずに消費を進めて欲しい、そんな願いが込められているようです。

SDGsについては、日本国内でもおそらくいち早く関心を示して取り組みをスタートされているらでぃっしゅぼーやさん。実は昨年の公演でもすでに大きなテーマとして扱われていらっしゃいましたので、徹底した姿勢が伺えます。

グループワークで、SDGsを自分ごとに

今回は、講演に続き、「SDGsやエシカルを「自分ごとにするには?」というテーマでグループワーク。

実は、昨年の講演時からずーーーーっと気になっていたのに手をつけられずにいたので、本当に良いタイミングで会を設定していただいたと思います。
月山パイロットファームは法人化から40年を迎えて、多くの理解ある消費者の皆さんとつながってまいりました。それは、意思ある流通・小売の方々があってこそ。
一部の例外を除いて、添加物を入れない漬物を安全に食卓にお届けするには、ご注文をいただいてからの製造と冷蔵の温度帯が確保される流通環境が必須です。

弊社のみならず、小規模で、気持ちはあれども技術や知識面の不足により消費者の方々と繋がることができない、つまり長期的な再生産のめどが立たない生産者にとって、我々の方針を理解して消費者に届けてくれる組織団体は非常にありがたいものです。

からし粉が足りないから、和がらしを育てる。
メロンコのメロンに禁止農薬が使われていたので、やっぱり自分たちで育てる。
冬場に出せる葉物はないですか?と提案をいただき、在来種を探したところ、雪で閉ざされていてもハウスで元気に育つ紫折菜に行き着いた。
べったら漬を作りたいと思って、自社農場産で在庫になる特別栽培米を麹に仕込むことにした。もち米も合わせて作ることにした。
働く人にも危険が及ぶ農薬は可能な限り使わない。添加物も使わない。等々。

こういったバラバラのストーリーを、SDGsのシンボルを使って、分かりやすい形で伝えられたら良いな…

坂利製麺所さんの例

奈良県の坂利製麺所さんの例も、非常に参考になりました。
整理することで、一層会社のあり方が明確になり、目指すべきところも明確になってくると思います。

他のグループの発表もとても参考になり、日本全国に、困難が見えていても長期的に挑戦をしようと考えている方々がいるのだなとわかって、とても心強くなりました。

生産者、消費者、流通等々、立場はそれぞれですが、次なる時代に向かって今何をすべきか、何が必要か思いを新たにしました。(文責:いずもじ)