11/4 あいコープみやぎさんのWa!わぁ祭りに参加

着々と準備が進む会場。会場入り口には、すでに数十名の列ができていました。

仙台卸商センターサンフェスタを会場に開催されているWa!わぁ祭り。
今年も大変盛況でした!#赤かぶ漬#民田なすのからし漬 をご希望で足を運んでくださった皆さん、売り物が少なくてごめんなさい!
カタログでのご注文をよろしくお願いいたします☆〜(ゝ。∂)

月山パイロットファームで提供した試食は、あいコープみやぎさんで通常取り組んでいる豚ひき肉とはりはり大根漬のコラボレーション。
品質のよいひき肉でしたので、もちろんつなぎ不要で上手にまとまります!
試食は、おいたらすぐになくなってしまうほどに大好評でした。

そして、ネギやからとり芋など、野菜類も少しお持ちしました。

からとりいもって何?という方も多かったのですが、こちらはズイキとも呼ばれていて、その特有の舌触りと上品な甘み・粘りが特徴の里芋の一種です。
こちらご参考に。

茎の部分も味わい深くて、汁物などでもすべて食べていただけます。どろどろしやすいですが、その部分を取ってしまえば大丈夫。

ぬめりはなく、しっとりとする濃厚な舌触り、煮崩れない性質から、庄内地方のお節には欠かせないものとなっています。芋煮汁も、からとりいもが入ればランクアップ!

組合員の方からお手伝いいただいて、おかげさまで試食提供もつつがなく行うことができました。ありがとうございました!

調理しながらお話ができるのも、また醍醐味の一つですね。お子さんたちも自由に出入りできる安心感も、なんというか東北仙台の良さを感じました。

NPO法人とうほく食育実践協会のみなさんも出店

5月9日の山形市での交流会に足を運んでくださった、NPO法人とうほく食育実践協さんのブースも発見!
だんだん参加費が上がっちゃってー!ともおっしゃっていましたが、材料にこだわれば当然のこと。

宮城県各地の農家やエルパーク仙台を主な活動の場として、精力的に活動されていらっしゃいます。

大人になっても、味覚は変わるもの。
ですが、子どもたちの味覚はまだまだ発達段階で、可塑性に富んでおり、繊細な味わいを覚えてもらうには最高の時期です。

食べることは生きることの基本の基本。
できることなら、作り手の思いがストレートに伝わる食材、たとえば炊いたばかりのご飯の甘みや香りを喜びを持って味わえる人に育ってほしいと、私も思っています。自分の中に基準ができていれば、その後に不摂生しすぎて健康を害したり、思うように踏ん張りが聞かない身体になることを防げるかもしれません。
可能性を最大限に伸ばしてあげることが、私たち大人の責務ではないでしょうか。

大きなイベントです。ご準備なさった事務局のみなさま、そしてお手伝いをしてくださった組合員のみなさま、本当にありがとうございました。

また来年も元気にお会いしましょう!(文責:いずもじ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください